水道修理業者の中でも違う指定業者と非指定業者の違い

優良業者を探したいなら「水道局」のお墨付きがあるところがベスト 優良業者を探したいなら「水道局」のお墨付きがあるところがベスト

指定水道修理業者と非指定業者の業務内容の違い

女性

水道修理などを依頼するにあたり、どんな業者に依頼すれば間違いないのか気になるところです。ここでは指定水道修理業者と非指定業者の違いは一体どんなところなのか、業務内容や具体的なメリットについて説明していきます。

各業者のできること・できないこと

指定水道修理業者は基本的な水道修理業務は全て行うことが可能(指定水道修理業者)

指定水道修理業者と非指定修理業者を比較してみると、作業上で主にできることの範囲が変わってきます。指定業者では、新築や改築時に給水の水道を引くことで、水道料の減免対象者の給水管修理に対応できます。蛇口などの器具以外からの水漏れである場合、水道料金を還付できる場合もあるんです。排水では、水洗トイレ改造工事や雨水貯留槽を設置したり、下水切替工事したりするのも可能です。貸付金や補助金の手続きを行うこともできるので、要件をクリアしていれば対象となります。しかし、指定業者の中でも、給水と排水どちらかしかできない会社もあります。ですが、基本的な水道修理は全て対応できるところが多いです。非指定業者は法に違反した場合、給水を停止されてしまうなどのトラブルも考えられるので、注意して下さいね。

水道局指定の水道修理業者に依頼するメリット

水道局指定業者は会社の身元を明確にしています。市町村などの公的機関から水道設備工事に関して適正に行えると認定を受けた業者です。指定内容は全国どこでも同じで、給水装置工事を行う場合は自治体に対して申請を必要とします。だからこそ技術や実力面も十分備えていますし、身元を公にしているので詐欺等の心配もありません。万が一依頼でのトラブルなどが発生した場合は、水道局に相談できるという点もメリットになるのではないでしょうか。漏水で不必要に発生した場合などは、水道料金免除を受けられるなどの専門知識も持っているので、安心してお任せすることができます。また、費用を安く抑えるために安い業者に依頼して、手抜き工事や高額な請求書を送られるなどの被害に合わないよう、指定業者に依頼することをおすすめします。

TOPボタン