水道修理業者を見極めるポイントと費用の比較

優良業者を探したいなら「水道局」のお墨付きがあるところがベスト 優良業者を探したいなら「水道局」のお墨付きがあるところがベスト

みんなが気になる費用も比較してみよう~指定業者の水道修理費用~

水道修理となると修理の内容や範囲よっては、費用が膨大になる可能性も考えられます。なるべく出費を小さく抑えるためにも、指定水道修理業者と非指定業者の費用について比較してみることが必要なのではないでしょうか。

指定水道修理業者と非指定水道修理業者の費用の違い

指定、非指定に関係なく水道修理費用は依頼する業者で違う(水道修理業者仲介業者)

基本的に水道修理費は、指定水道修理業者と非指定業者関係なく、依頼先業者によって違ってくると思います。しかし、指定業者に依頼すれば、一部水道料還付金を受けることができる場合もあります。例えば住宅の給水設備の故障で水漏れが起きた場合、水道料金はもちろん溢れた分だけの請求額が届きます。場合によっては高額になることもありますが、水道局指定の修理業者で修理していれば、管轄の水道局に申請することで水道料金が何割か還付されるんです。金額は一概にはいえませんが、修理費のことを含めて考えると、結果的に安い費用で抑えられるかもしれません。非指定業者は、この制度を受けることができないので水道料金と修理費用を全額支払わなくてはいけません。この違いは大きいですよね。

業者の種類に関係なく事前見積もりは必須

急に水漏れが起きてしまうと、慌てて修理を依頼し、後から高額請求されてしまうこともあるでしょう。水道修理業者に修理してもらう前に必ず見積もりを出してもらうことが大切です。もちろん修理してもらうことが大前提なのですが、後々トラブルや不満を抱えてしまうようでは問題です。水道業者の中には、口頭でだいたいこのくらいの金額で修理しますと提示してくるだけのところもあります。そのため、作業後に届いた請求金額が違うなんていう場合もあります。このようなトラブルを避けるためにも、依頼者が同意した上できちんと説明してから作業を行ってくれる水道業者を選びましょう。これは、指定業者や非指定業者といった業者に限らず、全ての業者に当てはまることなので注意しましょう。

TOPボタン